事例紹介導入企業から成功の声

内閣府

創造力の見える化を通じて、創造性豊かな人材育成を目指す 「知財創造教育」を推進内閣府知的財産戦略推進事務局 参事官 小林英司様

全世界でAIに代表される技術革新が進む中、内閣府ではイノベーション創出に欠かせない人間独自の創造性の育成に力を入れています。国立高等専門学校の創造性教育の推進・実践のため、創造性育成授業の前後において「デザイン思考テスト」を用い前後の効果測定を行った結果、どういったことが見えてきたのか、内閣府知的財産戦略推進事務局参事官の小林英司様にお答えいただきました。

プロジェクト概要Outline
実施内容
高専7校441名を対象に、創造性育成授業の前後における「デザイン思考テスト」の実施。
実施期間
2019年12月〜2020年3月
実施背景Background

内閣府では豊かな創造性を備える人材育成に向け国として知財創造教育を推進。各地の教育機関等と連携し、創造性育成につながるカリキュラムの普及等を支援。一部の国立高等専門学校の創造性育成授業において、育成効果を測定することを目的に「デザイン思考テスト」を実施。

実施結果Action

・授業の前後で平均34.2%創造力スコアが上昇 ・対象者441名中366名(83%)の創造力スコアが上昇